化粧ノリは無料&有料の方法で劇的に変わる!

アラサーとも呼べない年になって更に化粧ノリが悪くなっているような気がしますが、
女性であれば自分がどんな時にそうなるか、もうある程度はご存知かと思います。
私の場合は。。。

毎回必ず肌の調子がわるいと感じるのは、大きく3つあります。
1つは、前日2時以降に寝たときです。
睡眠時間が6時間を切ってしまうと、必ずファンデーションが上手くのりません。
恐らく次の日が仕事だから1分でも早く寝ないといけない、と感じてしまう焦りと、明日も起きなくてはいけないという憂鬱感で、あまり深く寝られず、眠りがおのずと浅くなってしまうため、肌が生き返らないまま起きることになってしまうからだと思います。

2つ目は飲み過ぎた日。
心地よく寝られる量のお酒だったらとにかく飲み過ぎた日の翌日は、肌がかさかさになっています。
酔いも回っているので、化粧落とすのも雑になり、いつも行っている基礎アイテムも知らずのうちに雑になり、取りあえずつけるだけになってしまっているのが大きな原因です。
朝起きるとマスカラが残ってバンダになっていることもあるので、ノリが悪いのも仕方ないですね。
また寝てる間も、お酒を消化しようと肌でなく、腎臓を修復するのに時間がかかり、肌にまで修復する力が及ばないのだと思います。

3つ目は生理前です。
不規則な生活をしているとこの時期にかならずといっていいほど、露わになります。
この生理前1週間は本当に化粧のりも悪く、精神的にもアップダウンがある嫌な時期です。

全てに影響を及ぼす、生理時の対応(無料でできる方法)

寝不足な訳でもないのに肌が荒れていて、飲み過ぎでもないのにむくんでいるし、食べ過ぎでもないのに吹き出物ができていることも多々あります。

化粧水をたっぷりつけてマッサージを丁寧に行うと、若干むくみはとれますが、肌が変に脂ぎっていたりするのでファンデーションが崩れやすく、ただでさえ生理前でイライラしているというのに、更に拍車をかけます。外出する元気も一気になくなり、インドア派に転向します。

それもそのはず、生理前、生理中はホルモンバランスが崩れるので、肌荒れやむくみに悩まされるのは当然の事だったのです。
でも女性である限り生理は毎月やって来るものですので、上手に付き合っていくしかないですよね。

そんな症状を軽くするためには、生理前に身体を温める事が大事だそうです。生理前は水分を溜め込むため、身体が冷えやすくなります。血流が悪くなりますので、むくみや肌荒れにつながるんですね。
身体を冷やしやすいカフェインを控えたり、暖かい飲み物を飲んだり、お風呂で温まりマッサージをしたり、血流を良くするように心がけると、症状が改善されるかもしれません。

そういう私はというと、生理前は特別何かする事はありません。何故なら生理が始まると嘘のように肌荒れが治り、化粧ノリが良くなるからです。これもホルモンバランスの影響だそうです。生理前の1週間を耐えればお肌の黄金期が待っていると思えば、肌荒れも我慢できます。

こんなに変わる?顔脱毛で産毛が消えると・・・

さてこちらは有料の、お金がかかる対策方法なので余裕があるかただけでけっこうですが、
それでも10万円もあれば一生涯レベルで効果が継続するのでおすすめです。
それがズバリ、お顔の脱毛です!!

脱毛といえば腕とか脚とかワキが一般的ですが、顔をやると見えないような産毛もパッと消えて触感も変わりますし、ビックリするくらいに化粧が感嘆に乗るようになってくれます。
とてもおばさんのような顔とは思えないくらいです。

脱毛と言ってもいわゆる医療脱毛でやってほしいのですが、相場は顔なら全体で10万円くらいです。
鼻下だけとかホホだけ~も可能ですが、どうせなら全部まとめてのほうがコスパはいいです。
間違ってもサロンはやめたほうがいいですね。
医療脱毛なら5回くらいでパッと完全に終われることが多いですし、効果も抜群ですね。

私は名古屋で顔の医療(永久)脱毛をしたのですが、けっこうクリニックによって違いがあるのでお住いのエリアのクリニックを比較してみるといいでしょう。
名古屋の場合はこんな感じですが、やっぱりどこも顔の永久脱毛はセットで10万円くらいですよね?

このサイトの中でも顔(口周りやヒゲ)の脱毛料金比較のページがありましたが、最も安価なのは湘南美容外科クリニックでした。
湘南美容外科は名古屋に限らず、基本的には日本のどこにでもあるので私のサイトを読んでくれている方もお住まいエリアに限らず、けっこう使いやすいと思うのでおすすめですよ!
顔を全部やっても6万円でお釣りが来るくらいです!

あとできればですが、顔は産毛が多いので黒い毛にしか反応しないアレキサンドライトレーザーでの脱毛はおすすめしません。
ダイオードレーザーが使えるような脱毛機のあるクリニックが良いのではないかと思います。
最近では最新のダイオードレーザーでしかも痛みがほぼないと言われるような医療レーザー機器もあるのでそういうのがよりおすすめですね!

顔脱毛も、サロンだと効果も一時的

実は学生時代、エステ脱毛で顔をやってもらったことがあります。
その時は今のように化粧ノリをそこまで気にしていたわけではありませんが、
鼻下のヒゲとかもちょっと気になっていたのでワキ脱毛のついでにお願いしたいんですね。
当時は学生でお金もないし、そもそも医療脱毛の知識もなく、取りあえずよく使う八王子駅の前にある某有名脱毛サロンを利用したんです。
もったいぶらずに言うとミュゼプラチナムですね。
ここは八王子でも当時かなり人気がありましたし、知り合いもたくさん行ってましたね~。
もうね、脱毛 八王子と言えばまずはミュゼ!みたいな風潮があったと記憶しています。
でも顔までやる子は私くらいだったと思いますが。

で、サロンでの顔脱毛の効果は最初だけで、止めると数か月して普通に毛が生えてきました。
ワキでも相当時間がかかった私ですが、特に産毛も多い顔に関しては意味あったの、これ?という感じすらしましたね。
最初は効果も感じてはいましたが、今となってはホントかなり一時的なものだったと確信しています。

あと、脱毛の基礎知識としてですが、
一般論として黒い毛には何かしらの効果があっても、
細い毛、白い毛、産毛にはあまり効果が出にくいという特徴もあります。
顔のムダ毛ってまさにそんな感じじゃあありませんか!?

脱毛サロンを利用するにしても医療脱毛をやるにしても、
ここについては絶対に初回のカウンセリングで確認をしておくべきだと経験則から言えますね!

保湿で更に化粧ノリもアップ!

顔の脱毛の際に自分でもより保湿には注意していたんですが、それによって脱毛の効果も気持ちアップしましたし、
なによりもそれが直接的に化粧ノリの改善に影響したのは間違いないと思います。
以降、お顔の保湿は当然として、全身の保湿ケアも侮れないな、と思ってするようにしています。

以下、私の体験から言えることをまとめました。
化粧水の重ねづけで潤いを!これで化粧もノリやすい!
シートタイプのマスクで保湿するコツ
一工夫で保湿効果を高める!誰でもできる簡単なひと手間紹介!

顔の状態を最高に保つために野菜を意識的に取れば完璧!

野菜は健康と美容にとても良いので、積極的に摂るようにしています。
特に今は妊婦ですので、鉄分の豊富なほうれん草や、カボチャなど、お野菜から補給しています。
いつも食べる料理はほうれん草のおひたしや、ほうれん草とたまごをごま油で炒めたものなど、簡単に美味しくできあがるので、よく調理します。
野菜は特に嫌いなものはなく何でも食べますが、いつも冷蔵庫にあるのは、キャベツ、ピーマン、タマネギ、トマト、キュウリなど、ストックしています。
※中でもたまねぎは相当おすすめです!
⇒美肌食材の王様?玉ねぎが大好きで良かった!

今は夏野菜が特に美味しくて、なすびや、とまと、キュウリ、シシトウなど、煮物やサラダにして食べています。
野菜を毎日食べていると、便通も非常に良く、お肌も吹き出物が少なくなりましたし、風邪なども、ひきにくくなったように思います。
無論、顔の肌のきめも整って化粧ノリは悪くなりませんし良い状態をキープできています。

何より、妊娠中は貧血になることが多かったのですが、バランスよく、野菜とお肉を食べることで、貧血も少し改善されました。
チンゲンサイには、ほうれん草よりも、鉄分が多く含まれていることなど、勉強して初めて知りました。
スーパーに行くと、まず野菜コーナーへ行き、一通り見たあと、できるだけ旬のお野菜を買って、美味しく調理して食べています。野菜パワーで身体は健康的で毎日元気に動けています。

鮮度と無農薬にこだわってシェア畑を使うように。

アンシャッシュの渡部さんがテレビで言っていたのを聞いてしったシェア畑というサービスがあるんですが、
野菜を無農薬で作れて鮮度も抜群にいいので私に契約をしています。
あれを使うとスーパーで売っている野菜すらも心配になりますね。もう戻れません。

シェア畑自体は月に7000円くらいなので高いと言えば高いのですが、
とにかく安心な野菜を作れるという意味では最も手軽なものではないでしょうか。
たぶん、普通に買うとなればもっとコストがかさむと思います。
解説サイト参照:シェア畑

今はまだ関東の首都圏くらいにしかないですが今後は関西にも増えていくみたいです。
都会に住む人に間でこれから間違いなく流行っていくサービスだと思うので、野菜の重要性を痛感している方にはいいと思います。

たぶんですが、安全な畑で作った無農薬野菜だけでずっと生きていけば、
肌に与える影響も20、30年後にちゃんと出てくると信じてやっています。