保湿をしっかりすれば肌のためにもなるし、
調子が上がるので結果として化粧のりもよくなりますよね。

そこで私の場合、とにかく何回も化粧水をつけるようにしています。
お風呂からあがって、顔と髪を拭いたらすぐにバシャッと化粧水を1回つけます。服を着てから1回。
子ども達3人をお風呂からあげて、拭いたり、服を着させている合間を見つけてもう1回。
それから美容液と乳液をつけて、少し浸透したら、もう1回化粧水をつけて、乳液で水分を逃がさないようにしています。

化粧水は、高いものでなくていいので、安くてもたっぷりと惜しみ無く使うようにしています。
首、首の後ろ、鎖骨周辺までしっかりと塗るように心がけています。
以前、本で、化粧水だけでは水分が逆に蒸発してしまい、乾燥してしまうので、必ず乳液でふたをするようにしないといけない、と書いてあったので、真夏でも乳液は必須です。

※乳液のおすすめは無印良品のエイジングケアライン乳液です!

子どもが小さい時にオールインワン化粧品を使った事がありましたが、
口元の辺りなどどうしても乾燥している感じがして、結局はその後に乳液やクリームを使っていました。
なので私は化粧水、美容液、乳液は分けて使うようにしています。
そのほうがきちんと肌全体が潤っている感じがして、キメが整ってきます。
乾燥していると、毛穴も目立ってくるので、お化粧しても隠せない部分が増えてくるので、お風呂あがりの、最初の潤いが重要だと考えています。